【行ってみた】金沢に行ったらおでんと日本酒でゆったりと。地元民が集まる「おでん 高砂」

takasago

金沢といえば海鮮特いのどぐろと日本酒。

もちろん刺身も美味しいし、日本酒も美味しいです。

しかし忘れてはいけないのが金沢おでん。

やはり地元の食材を楽しみ地元の空気を吸い、地元の酒を飲むのが旅行の醍醐味です。

金沢おでんは地元の食材を使っている事が定義とされているので。地元を味わうにはおでんがピッタリ。

地元の人もこぞって通うおでんの名店「高砂」を紹介します。

おでん 高砂(高砂)

takasago

金沢おでんとしては珍しい、関東風おでんと生味噌で頂くのが高砂の特徴。

大根、こんにゃく、たまごなどベーシックな具材に加えて、貝やハンペンなど珍しい具材もおすすめ。

takasagosake

日本酒を頼むとお店に置いてる黒帯が出てきます。

ほんのりとした甘みとキレ、米の甘みも美味しいし、そしておでんに合う。

「あー、これ。」って言葉がピッタリです。

もうおかわりが止まりませんので、お気をつけを。

oden2

ズラッと並ぶおでんの数々が食欲をそそります。

隣のお客さんが頼むおでんもついつい頼んでしまう、そんな距離感がまた旅を楽しくしてくれる。

観光地を楽しむのももちろんですが、地元の空気を味わうのも醍醐味です。

oden3

メニューは壁に貼ってありますが、売り切れのメニューも多いので気になる種類は店員さんに聞きましょう。

金沢でおでんと日本酒を楽しみたい時はぜひ高砂へ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です