【6月あじさいの開花状況は?】紫陽花の名所「三室戸寺」に行ってみた!

6月で梅雨の季節がやってきましたが、この季節といえば「紫陽花

紫陽花が見られる観光スポット色々ありますが、

今回は京都で紫陽花の名所として有名な「三室戸寺」に行ってきました。みごとに見頃を迎えていました!

「紫陽花の綺麗な風景をカメラに収めたい!」

そんな方のために、三室戸寺の魅力、開花状況、アクセス、おまけ(寄り道スポット)もご紹介します。

三室戸寺ってどんな場所?

三室戸寺とは、京都府宇治市にあるお寺で、「あじさい寺」として有名なスポットです。

本堂のすぐ下に「あじさい園」があって、期間中は園内のあじさいの景色を楽しむことができます。

本堂には蓮の花が植えてあり、こちらも綺麗です。

「あじさい園」の他にも石庭や池泉、また周りは自然に囲まれており、訪れただけで気分がリフレッシュされます!

三室戸寺「あじさい園」について

「あじさい園」には1万株の紫陽花が植えてあり、色とりどりの紫陽花を楽しむことができます。

園内は結構広くて、ゆっくり回ると20-30分くらいは楽しめます。

あじさい園は入れる期間が限られており、今年(2019年)は下記が期間です。

期間:令和元年6月1日(土)~7月7日(日)
時間:8時30分~16時30分 (16時30分には下山していただきます)
拝観料:大人800円 小人400円

またライトアップ6月は土日のみ、ライトアップもやっているそうです!

期間:令和元年6月8日~6月23日の間の土・日曜日のみ
時間:19時~21時(20時30分受付終了)
拝観料:大人800円 小人400円

出典:三室戸寺 公式HPより

三室戸寺へのアクセス

車でお越しの方は駐車場ありますが、6月は混雑が予想されるため早めのお越しをおすすめします!

電車で行く場合は、大阪からだと京阪電車がおすすめです。所要時間は1時間ほど!

三室戸寺へは、駅から徒歩15分程で着きます。

〜梅田から〜

 

梅田(大阪メトロ御堂筋線)
↓  2分程
淀屋橋(京阪本線特急)
↓  40分程
中書島(京阪宇治線)
↓  15分程
三室戸寺

京都からだと、JR奈良線からがおすすめです。所要時間は30分ほど!

〜京都から〜

 

京都駅(JR奈良線)
↓  25分程
黄檗[おうばく]
↓  徒歩5分
黄檗(京阪宇治線)
↓  2分程
三室戸寺

開花状況(2019年6月16日)

開花状況として見頃は迎えていますが、この日はまだ満開ではなく、ちらほら花が咲いていない紫陽花も見られました。

おそらく6月22〜23日あたりがピークなのではと思います。

Instagramでライブ中継した際、フォロワーの方からは、例年より遅いのでは?との声ももらっています。

とはいえ、見事な紫陽花が咲いていますので写真とともにご紹介します!

色とりどりの紫陽花

青、紫、ピンク色と様々な紫陽花が見られました!

このように一面紫陽花が咲いている箇所もありました。

個人的なベストショットはこの一枚↓↓

観光客の方が多く来ていましたが、混雑しすぎて回れないということはなかったです。

ハート型(風)な紫陽花

ちょっとふっくらしてますが、ハート型風の紫陽花も発見しました!

紫陽花いかがでしたか?鮮やかな色もあれば、大人っぽい落ち着いた雰囲気もあって綺麗です。

撮影日時:2019年6月16日(日)16:00頃
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M10

おまけ:黄檗駅近くの美味しいパン屋さん「中路ベーカリー」

三室戸寺のお寺参りが終わった後、歩き回るとお腹が空くし甘い物が食べたくなりますよねー

そんな帰り道におすすめしたい、美味しいパンが食べられるお店を紹介します。

こちらのお店、ライブ配信している最中にフォロワーの方から教えてもらったので、実際に行ってきちゃいました!

「エンサイマダ」という不思議なパンの名前に惹かれて買いました。

中はしっとりで味は甘く、疲れた体に最高でした…

「きなこもっち」も買ってしまいました。1個90円程だったのでつい…

生地はシュガーときなこでシャリシャリしていて、生地はもちもちでとても美味しかったです。


いかがでしたでしょうか?

三室戸寺の周りは自然がいっぱいで、街も落ち着いているのでぜひ気分転換や写真撮影に訪れてみてください!

紫陽花や三室戸寺の写真、「#otonatabi_japan」でInstagramのタグ付け投稿お待ちしてます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です