【静かなかやぶきの山村集落】京都|美山 かやぶきの里に行ってみた!

こんにちは。オトナ旅です。

今回はお寺や神社の名所が多い京都で、

山村集落というこれまでの紹介して来なかった日本らしい名所をご紹介します!

そして今回は初のモデルの方「ちくわちゃん」とともに魅力をご紹介します!

美山 かやぶきの里ってどんな場所?

美山 かやぶきの里京都府南丹市の山の中にある小さな山村集落

日本に4つしか現存していないかやぶきの建物が集中しているとても貴重な集落です。

京都の観光地といえばとても日本らしい風景がたくさんで、

素敵なイメージだけど人がたくさんいて疲れるイメージ。

でも美山かやぶきの里は京都の中心街から離れているので、人も比較的少なくゆったり日本の美を楽しめます。

今回は撮影日帰り旅として友達のちくわちゃんと2人で美山かやぶきの里にお出かけしてきたので、

ご紹介したいと思います。それでは行ってみましょう!

出典:Wikipedia(一行目から二行目)

美山 かやぶきの里に行ってみた!

道中

僕たちは京都駅から出発しました。

まずはお昼過ぎに京都駅で集合!車で1-2時間程度運転します。

京都駅からだと下道だけなので意外と遠いのが難点ですが、田舎の田んぼや山の緑がとっても綺麗で、

自然を感じながら窓を開けて気持ちよくドライブしていたらすぐ着きますね。

道中の写真撮影してればよかったのですが、運転していたので撮影しておりませんでした… 残念。

お車で行かれる方はぜひ自分の目で確かめてください!笑

山の中で涼しいと思っていたのですが、この日はとても暑かったです…(9月撮影)

暑すぎてモデルのちくわちゃんもクーラーの虜に…

美山地区にはコンビニは無いので、皆さんもきちんと水分を摂ってから向かってくださいね。

ランチ

昼から集合だったのですが、お互いお昼を食べていなかったので、現地近くの食堂で食事をとりました。

京都市内を過ぎるとあまりお店がないので注意してくださいね。僕たちが立ち寄ったお店はこちら! 

和風レストランけいほくさん。美山から車で30分圏内にあるお店です。

URLに記載してあるメニューを観ていただくとわかるのですが、種類がたくさんあって選びきれないほど…

しかもお値段もお手軽なのでオススメです!

店内の雰囲気とお店の店員さんの笑顔が素敵で、お店を出る頃には笑顔になっている事間違い無しなので、

是非けいほくさんにもお立ち寄りください!

到着

お腹いっぱいの幸せ気分で食堂を後にして、僕たちは美山 かやぶきの里に到着!

壮大な大自然にそびえ立つかやぶきの里にちくわちゃんも僕もウキウキです!

ここからは普段よく写真を撮っている僕なりの目線で、

勝手にかやぶきの里のフォトスポットベスト3を発表していきたいと思います!(異論は認めます。笑)

スポット1「かやぶきとポスト」

おそらくここが一番のメインスポット。

とても鮮やかな赤いポストとかやぶきの里全体が一望できるスポットです。

実際に人が住んでいる里なので、ここのポストももちろん実際に使用されています。

ここから友人や家族に手紙を出してみるのもいいですね。

かやぶきの里入り口にあるスポットなので、ここが一番混雑すると思います。

ここで豆知識!!混雑していたらかやぶきの里を一周してからもう一度行ってみてください。

時間帯を変えると空いている事があります!(観光バスの団体客が多いためです。)

スポット2「田園風景」

おそらくここから写真撮っている人は少ないのでは。笑 

田園風景と一緒にかやぶきの家が観れるスポットです。

僕はまだ行けていないのですが、

秋の夕暮れどきには、綺麗な夕焼け色に染まる黄色い稲穂とかやぶきの里をセットで撮れるかも。

スポット3「坂道」

なんでもないただの坂道なのですが、坂の上からみるかやぶきの里はまた違う表情を魅せてくれます。

このちくわちゃんの表情を見れば想像できるのですが、そこそこ急な坂道です。笑

坂道を歩いて疲れたらブランコも高台の上にブランコがあるので、ここで休憩しながらブランコしましょう。

遮るものがないので、天気のいい日であれば遮る物がないので風が気持ちよく、とても気持ちよくブランコができます。

施設情報

営業時間:24時間営業

住所 :〒601-0712 京都府南丹市美山町北

アクセス

〜車で行く場合〜

 

京都駅から2時間弱程度で到着(60キロ程度です。)

駐車場100台程度あります。無料です。

※これからの時期(秋・冬時期)に日が暮れてから帰られる方は鹿にご注意ください

道脇から急に飛び出してきます。安全運転でお願い致します。

冬はスタッドレスタイヤの装備をお忘れなく。

〜公共交通機関を使用する場合〜

 

ルートA(電車コース)

→JR京都駅~JR園部駅~JR日吉駅~(バス)網掛~(レンタサイクル)美山

もしくは園部駅から園部・美山周遊バスがあるので、それを使用してもOK(水・木・土・日限定)

 

ルートB(直通バスコース)

JR京都駅発の直通バス※事前予約要です。料金片道1,800円で往復3,600円

※直通バスの運行期間:2019年7月1日(月)~12月2日(月)の毎日運行です。

 

出典:京都美山ナビ

最後に

如何でしたでしょうか?

デートでも友達との旅行でも、勿論ひとり旅でも楽しめること間違いなしの美山かやぶきの里!

今回僕たちは日帰りでしたが、美山地区には素敵な宿泊施設がございます。

遠方の方は宿泊してより深く美山を楽しんでくださいね。

今回の内容をみて少しでも美山かやぶきの里に行ってみたい!と思っていただけたら嬉しいです!

※訪れる方へのお願い

 

美山かやぶきの里には実際に生活している方々がいます特に朝方に行く予定の方はお静かに観光をお願い致します。

ゴミなども必ず持ち帰ってください。静かで美しい美山を守るために、僕からのお願いです。

ライター紹介

ゆーた。

Instagramアカウント:@uta.0317@u_ta.0317

珈琲と甘いものが大好きな大阪出身の24歳。

撮る写真はカフェでの日常や風景、人物写真などバリエーション豊か。

誰かの記憶に残る写真を撮り続けたいと思いながらシャッターを切っています。

愛用機材はCanon6DEF24-105mm F4L IS USM.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です