【京都 西芳寺(苔寺)・鈴虫寺】写経体験や和尚さんの話を聞ける小旅行!

こんにちは!オトナ旅です。

2019年関西のライター企画、最後の記事です!

今回は京都にある「苔寺」「鈴虫寺」という写経体験などもできて、心穏やかな気持ちになるようなお寺をご紹介します。

西芳寺(苔寺)・鈴虫寺ってどんなところ?

西芳寺は京都市西部にある臨済宗のお寺。

境内を120種もの苔が覆っておることから「苔寺」という名前で親しまれています。

西芳寺から徒歩5分ほどのところにある鈴虫寺は、一年中鈴虫の鳴き声を聞くことができる珍しいお寺。

同じく臨済宗の宗派で、願い事を叶えてくれるお地蔵さんがいると人気を集めているんです。

西芳寺(苔寺)・鈴虫寺に行ってみた!

西芳寺(苔寺)

西芳寺を参拝するには、往復はがきでの事前申し込みが必要です。

訪問したい日時などを書き郵送すると、一週間ほどで日時や時間などが指定されたはがきが返ってきます。

詳しくは西芳寺のHPに載っているので、ぜひそちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

また、参拝時には写経用の筆ペンが必要になります。

忘れてしまった方はお寺で買い求めることもできるので、ご安心を。

指定の時間に到着したらまずは本堂に移動します。

厳かな雰囲気の中、仏道修行の一つである本格的な写経を体験することができますよ。

(混雑時は写経を行わない場合もあるのでご注意を)

写経用の座席数は104つほどだとか。

これは本堂のふすまの面数と同じなのだそう。

写経が終わったら、庭園内を見学してみましょう!

広々とした庭園は、国の特別名勝および史蹟にも指定されているそうです。

上下二段に分かれていて、上段は枯山水式、下段は池泉廻遊式の庭園になっています。

「苔寺」と呼ばれていますが、苔だけでなく庭園のつくりはとても美しく風情があるので、ぜひゆっくりと廻ってみてください。

苔を見るには梅雨頃が一番オススメとのこと。

混雑は必至ですが、その美しさは一見の価値ありです!

西芳寺には駐車場がないので、車をご利用の方は注意が必要です。

鈴虫寺

鈴虫寺の正式名称は「妙徳山・華厳寺」

秋に鳴く鈴虫の音を聞き開眼なさった台厳和尚が研究を重ね、今ではその音色を一日中楽しめるようになりました。

門をくぐったらまずは書院に案内され、全員で和尚さんの説法を聞きます。

一人一人にお茶とお菓子が用意されているので、くつろぎながら過ごすことができますよ。

和尚さんのありがたいお話を聞いた後は、幸福御守を買ってお参りをしましょう!

お守りは書院の入り口で販売されており、300円で買うことができます。

普通、仏様は裸足ですが、鈴虫寺の山門脇に祀ってある幸福地蔵菩薩はぞうりを履いています。

お地蔵さんが一軒一軒家まで歩いて願いを叶えに来てくれるとのことなので、

お参りをする際は住所と名前を忘れずに言うようにしましょう。

願いが叶ったら、お礼参りを行うのが仏様への礼儀です◎。

お寺まで来れない場合は郵送で納められますが、その際は自宅から京都のお地蔵さんの方に向かい、

感謝の気持ちで手を合わせるようにしましょう。

訪れてみた感想とクチコミ

おすすめしたいポイント

両寺院とも京都の中心から少し離れていますが、魅力の詰まったスポットです。

西芳寺の庭園一面に広がる青々とした苔は、写真映えすること間違いなし

まためったに行う機会のない写経も、気軽に体験することができます。

鈴虫寺で聞く和尚さんのありがたいお話は、とても心に響きます。

テンポのよい落語家のような語り口調で、30分があっというまに感じられますよ。

土日祝はかなりの混雑が予想されるので、時間に余裕を持って行くことをオススメします。

混雑する日でも朝夕は比較的入りやすいとのことなので、タイムスケジュールをうまく調整してみてくださいね。

また鈴虫寺はお寺に向かうまでに急な階段があるので、足の悪い方などは注意が必要です。

美しい自然に囲まれており、四季折々の風景が楽しめる鈴虫寺。

訪れるたびに新たな発見をもたらしてくれるため、季節ごとに訪れるのがオススメです。

おすすめ観光ルート

往復はがきで訪問する時間帯が決まったら、その時間に合わせて西芳寺に向かいましょう。

京都駅からはバスで60分ほどかかります。

その前後に徒歩で鈴虫寺に向かい、終わったら京都の中心街に戻って観光するコースが◎。

苔寺の庭園を見たあとにイチオシなのが、枯山水をイメージした和スイーツがいただけるカフェ。

八坂庚申堂近くの「Slaon de KANBAYASHI」というお店です。

以前蔵だった部分をリノベーションした大人な雰囲気で、居心地がよく思わず長居をしてしまいそうです。

こちらの抹茶のガトーオペラ、見た目もさることながら味がバツグンにおいしいんです。

抹茶とチョコのほろ苦さと、大粒の栗の甘さが絶妙にマッチしています。

枯山水を見事に表現した豪華な見た目はインスタ映えすること間違いなしなので、

ぜひ写真を撮ってアップしてみてくださいね。

施設情報

西芳寺(苔寺)

 

◎参拝可能日時:7~9月は10時、それ以外の月は午後1時

◎拝観料:3000円

◎備考:参拝は中学生以上のみ

鈴虫寺

 

◎時間:9時~17時(入門は16時半まで)

◎拝観料:大人500円、中学生以下300円(お茶、お菓子つき)

アクセス

⚫︎京都駅から

京都バス73系統もしくは83系統乗車、「苔寺 鈴虫寺」行き 

終点の「苔寺 鈴虫寺」下車徒歩2~3分(乗車時間およそ60分)

 

 

⚫︎嵐山駅から

タクシーで約10分

最後に

今回ご紹介したスポットは、どこも休日には混雑が予想されます。

早めに着くなど、時間に余裕を持った行動を心がけてみてくださいね。

また西芳寺は事前の予約が必須なので、お忘れなく!

ライター紹介

 

初めまして!小林由依です。

キャッチコピーは「遊ぶように生きる」。

時間があれば外に出かけて、楽しいことやおいしいものを追い求めるトレンド大好き女子です!

普段はSNSで、都内を中心としたグルメやカフェ、インスタ映えスポット、旅行、ファッションなどをアップしています。

Instagramアカウント→@yui.minny.now もぜひチェックしてみてください♥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です