【非日常を味わえる!】知る人ぞ知るビーチリゾート、南紀白浜に行ってみた!

南紀白浜ってどんなところ?

景色も料理も楽しめる、魅力いっぱいのビーチリゾート

南紀白浜は名前のとおり、紀伊国(現在の和歌山県)南部の白い砂浜とエメラルドブルーの海が美しいリゾート。

あちこちで温泉が湧出しているので古くから人気の観光地です。

2016年に生まれた彩浜を含め、計6頭のパンダが迎えてくれる南紀白浜アドベンチャーワールド、美味しい海産物や梅酒などでいっぱいのとれとれ市場など、見どころ満載な南紀白浜。

今回はそんな南紀白浜でしか食べられない絶品グルメ&お土産をご紹介します♪

南紀白浜のおすすめランチ 

“ピッツェリア・ペスカトーレ

南紀白浜についたら、まずは海辺をドライブしながらランチに向かいましょう。

美しい夕日が見られることで有名な円月島展望地の近くにたたずむ隠れ家レストラン、“ピッツェリア・ペスカトーレ”がおすすめです♪

オススメポイント

オープンテラスと室内席がありますが、どちらの席からも海を見ることができ、非日常が味わえます!

こちらで食べるべきはもちろんペスカトーレ

珍しいオイルベースのペスカトーレは大ぶりの魚介類や野菜がたっぷりで絶品!

本格石窯で焼かれたピッツァもとってもおいしいので、お腹をすかせて臨んでくださいね。

休日は予約必至なのでご注意を!

南紀白浜のオススメモーニング

“Kagerou Café”

南紀白浜に泊まるなら、朝のうちに人の少ない砂浜をお散歩してみたり、外に出てみたりするのもおすすめです。

Kagerou Caféは白浜銘菓「かげろう」で有名な菓子店、福菱の直営カフェ。

南紀白浜のシンボル、白良浜から徒歩12分ほどの場所にあります。

オススメポイント

おだやかな海に面したテラス席で、サンドウィッチを頬張れば幸せいっぱいに。

ここでしか食べられない「季節の生かげろう」もぜひ注文を!

常時3種類ほど用意があり季節ごとにフルーツが変わるため、何度行っても楽しめます。

口の中でとろける触感はまさにかげろうのようです。

大人気店なので、オープン直後を狙いましょう!

南紀白浜のオススメ土産”デラックスケーキ”

デラックスケーキとは?

古くからの観光地である南紀白浜は名物お土産がよりどりみどり!

デラックスケーキは地元の方なら誰もが知っている、和菓子店”鈴屋”の人気商品です。

JR紀伊田辺駅前の本店はもちろん、とれとれ市場南紀白浜など、お土産店でも手に入れることが出来ますよ。

オススメポイント

しっとりとしたカステラ生地でジャムを挟み、たっぷりのホワイトチョコレートでコーティングしたまさにデラックスなケーキです。

レトロな包み紙のパッケージもかわいくて、ボリュームもあるのでお土産にぴったり!

喜ばれること間違いなしの逸品です♪

最後に

南紀白浜はレジャーにグルメにかわいいお土産と良いところ盛りだくさんのまち。

一度訪れれば二度、三度と行きたくなること間違いなしです。

東京からは飛行機で、羽田空港から南紀白浜空港へ、1日3便就航しています。

大阪からは特急列車で、JR天王寺駅から白浜駅まで2時間、乗り換えせずに足を運ぶことができます。

空港や駅から観光名所までの距離も近く、街がコンパクトにまとまっているので2泊3日で無駄なく楽しめるのもよいところ。

みなさんもぜひ、おでかけしてみてくださいね。

ライター紹介

はじめまして。はるももと申します。海とレトロな物と、動物たちが大好きなアラサー会社員です。

神奈川出身、結婚を機に奈良に移り住んで2年経ちました。

写真はまだまだ勉強中ですが、Instagram (@yshr.gram ) もやっているので皆さんとつながれたら嬉しいです♪

フォロー・コメントお気軽に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です