世界遺産 聖地「熊野」に行ってみた!本宮から那智の滝まで

熊野ってどんなところ?

熊野とは紀伊半島の南端地域を指しますが、

その中心は熊野三山があるエリアで、遥か昔からたくさんの人々が“蘇り”を求めて訪れてきた聖地です。

2004年に世界遺産に登録されてからはトレッキングブームと相まって熊野古道を歩く人が増え、

日本人だけではなく今や多くの外国人も訪れる世界的な観光地になりました。

(熊野三山とは、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社、那智山青岸渡寺の総称で、熊野古道は三山へと続く参詣道。)

熊野のオススメスポット「本宮」(田辺市)

本宮とは?

※掲載している写真は、許可を得た方が撮影しています。
※熊野本宮大社の境内は、撮影禁止となっていますのでご注意ください。

京都から熊野三山を目指し始まる熊野古道

いよいよ三山エリアに入って最初に現れる聖地が「本宮」。

幾重にも連なる山々をぬけて辿り着く本宮は、のんびりとした山間のまち。

ほっこりとした気分に浸れます。JR紀伊田辺駅から路線バスで2時間

本宮のオススメポイント

明治22年の大水害まで熊野本宮大社が鎮座していた「大斎原(おおゆのはら)

大きな鳥居が目印。現在はこんもりとした森のようで、ゆれる樹々の音や鳥のさえずり、流れる川の水音を聞いていると、心がすーっと静まります。

山間のまちだからこその星空も瞬きを忘れるほど。

熊野のオススメスポット「神倉神社」(新宮市)

神倉神社とは?

神倉神社は権現山中腹の巨岩をご神体とする古社(熊野速玉大社の摂社)。

ヒキガエルのことを和歌山の方言でゴトヒキと言いますが、

そのご神体はその形からゴトビキ岩と呼ばれ、熊野の神々が最初に降臨した場所と伝わります。

そこに至る急勾配の石段もまた衝撃を受けること間違いなしです。

神倉神社のオススメポイント

熊野三山のひとつ 熊野速玉大社から神倉神社までは散歩感覚で歩ける距離です。

その途中で立寄りたいのが“仲氷店”。じっくり時間をかけて作る氷を使うかき氷は頭がキーンとならないのです!

たくさん種類があるシロップも手づくりで嬉しい。

熊野のオススメスポット「熊野古道 大門坂」(那智勝浦町)

熊野古道 大門坂とは?

熊野古道の旅のクライマックスともいえるのが熊野那智大社とご神体の那智の滝

その麓に続く古道が大門坂です。熊野古道で最も美しい苔むした石畳道で、両側には樹齢数百年の見事な杉木立が続きます。

感動の一瞬は、歩いてくると十一文関跡で初めて日本一の直瀑を望めること。

熊野古道 大門坂のオススメポイント

大門坂はアクセスがよく、歩く距離も適度な長さなので、どこを歩いていいか分からない方におすすめの場所です。

途中にある大門坂茶屋では、平安衣装着付け体験ができ、そのまま大門坂を歩くことも可能です。SNS映え確定!

最後に

現在ではもちろん三山を車で一気に巡ることもできます。

でも、できれば少し熊野古道を歩いてほしいと思います。

熊野は、川や木、森、滝、岩などの自然に神が宿ると考える自然崇拝を起源としています。

歩いてこそ熊野の魅力の一端に触れることができるのです。

そして、熊野本宮温泉郷や勝浦温泉などの良泉があり、マグロや熊野牛、めはり寿司など山海の幸がおいしいとなれば、一泊でも足りないかも…。

ライター紹介

名前:なりなり
インスタアカウント:@nari.kayo

旅行、登山、サイクリング、ラグビー観戦が好き。

美味しいお店やお菓子を探し出す嗅覚を持つ(笑)。

熊野古道と姉妹道のサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼道をいつか歩くためにスペイン語を勉強中です_φ(・_・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です